Arpic dermatitis 阿脱皮性皮炎 アトピー にきび

阿脱皮性皮肤炎是肠道机能障碍引起的

消化吸收和免疫宽容障碍是阿脱皮体质形成的主要原因,而抗原仅仅是诱因和加重因素。
皮肤瘙痒和湿疹等是炎症反应的结果,不是疾病的原因,因此仅仅止痒和抑制炎症不能治愈该疾病。

消化机能

通常,食物在消化道被充分消化失去抗原性后被吸收入体内。例如,蛋白质分解成氨基酸后被吸收。蛋白质有抗原性,而氨基酸是所有动植物蛋白质的基本成分,不会引起过敏反应。

如果食物中的部分蛋白质未经消化,经肠管吸收入体内,就可能引起过敏反应。婴幼儿消化机能不成熟,对牛奶等蛋白质不能充分消化时,容易发生过敏反应。

免疫宽容

肠管经常受到来源于食物的异物、还有约100兆常在细菌的刺激,可谓免疫的最前线。小肠的淋巴细胞约占全身淋巴细胞的70%,调控全身的免疫机能。
正常情况下,机体对无病原性或病原性低的异物,进行容忍,并不发生炎症反应,这叫免疫宽容。当免疫宽容机能不成熟或障碍时就会对非病原性异物也过度敏感而发生炎症反应。
学龄前的阿脱皮性皮炎主要是由于消化机能和免疫宽容机能不成熟,学龄后特别是成年人,主要是因为精神紧张,引起胃肠虚血,进而导致消化机能和免疫宽容机能障碍。

治疗应当提高免疫而不是抑制免疫

该疾病是免疫低下,不能正确识别和宽容异物引起的,因此应当提高免疫机能,而不是免疫抑制。免疫机能恢复,就不会过敏,不会攻击自己的组织,炎症也就自然消失。
容身茶YOSHICHA(怡身茶ISHINCHA就是根据这一理论设计的,使很多患者完全恢复正常。













Atopic Dermetitis(AD) is the intestinal tract function barrier causes

The digestion absorption and the immunity tolerant barrier are the primary causes which the allergic constitution forms, but the antigen is merely the cause and the aggravation factor.The skin pruritus and eczema and so on are the inflammation response results, is not disease's reason, therefore stops itches and suppresses the inflammation not to be able to cure this disease.

Digestion function

Usually, food after the digestive tract is digested fully loses the antigenicity is absorbed into vivo. Like, after the protein decomposes the amino acid, is absorbed. The protein has the antigenicity, but the amino acid is all zoology and botany protein fundamental component, will not cause allergic reaction.If in the food partial protein have not passed through the digestion, absorbs into vivo after the intestines, possibly causes allergic reaction. The babies and infants digest the function not to be mature, when to protein and so on milk cannot digest, easy to have allergic reaction.

Immunological torelance

The intestines receive frequently arrive stem from food the foreign matter, and the
products of one billion resident bacteria. it may be said that immunity forefront. Small intestine's lymphocyte approximately composes the whole body lymphocyte 70%, regulates whole body's immunity function.In the normal condition, organism to does not have the pathogenicity or the pathogenicity low foreign matter, carries on the tolerance, does not have the inflammation to respond, this calls the immunity to be tolerant. When immunity tolerant function not mature or barrier excessively will be sensitive to the foreign matter has allergic reaction.Before the school age Arab League sheds skin dermatitis is mainly because the digestion function and the immunity tolerant function are not mature, after the school age, is the adult specially, is mainly because the mental strain, causes the stomach and intestines empty blood, then causes the digestion function and the immunity tolerant function barrier.

The AD treatment must enhance the immunity, but suppresses immunity

AD is the immunity is low, cannot distinguish and the tolerant foreign matter correctly causes, must therefore enhance the immunity function, but is not immunosuppression. The immunity function restores, the allergy, will not attack own organization, the inflammation also vanishes on the nature.YOSHICHA容身茶(ISHINCHA怡身茶) is according to this theoretical design, causes many patients to permanently cure.

アトピー性皮膚炎の本質は消化管の機能障害

 消化吸収・免疫寛容機能の障害はアトピー体質の主要原因であり、抗原は誘発・増悪素因です。皮膚の痒みや湿疹は炎症反応の結果であり、アトピーの原因ではありません。

消化機能

通常、食餌は、消化管腔において抗原性を失うまでに十分に消化されたあとに体内に吸収されます。例えば、蛋白質ならば吸収される段階ですでにアミノ酸にまで分解されてしまっています。アミノ酸はすべての蛋白質の構成成分であり、アレルギー反応を起こしません。食べた蛋白質のごく一部が分解されないまま、腸管を経て体内に移行すれば異物となりアレルギーを引き起こします。特に幼児は消化機能が未熟で、ミルクなどに卵白・牛乳・生クリームなどの蛋白質を十分に分解できません。

免疫寛容

腸管は常に、食物由来の異物、また約100兆の常在菌に刺激されているので免疫の最前線となっています。小腸には全身リンパ球の6割が集まり、全身の免疫をコントロールする機能のあります。

正常では病原性がないあるいは低い異物に対して寛容し、炎症反応を行わない。しかし、免疫寛容機能の未熟あるいは免疫寛容障害すると過度敏感になりアレルギー反応が起こります。
 学童期以前では主に消化機能未熟(未消化蛋白が抗原となる)と免疫寛容未熟が原因で、学童期以後とくに成人期ではストレスが原因で「脳-腸神経免疫関連」を通して消化・免疫寛容障害が生じると考えられています。もちろん粘膜と皮膚の破綻の場合、細菌も炎症の増悪をさせることがあります。ストレスは胃腸の虚血を誘発し、免疫異常を増悪します。

免疫抑制より免疫向上が賢明

アトピー性皮膚炎の発症は免疫機能低下・異物に対する認識・寛容障害によったものですので免疫抑制療法は根治できない。免疫の攻撃力は本来、病原菌などに対応するものである。免疫機能が回復すれば過敏反応や自己組織攻撃をしなく、炎症も自然に消えます。
 症状より体質を改善すれば正常化は可能である。この考え方にしたがってWang's容身茶(YOSHINCHA/怡身茶YISHINCHA)を考案しました。

(Tel/Fax:047-3684306 kyusen9@gmail.com)

一般的に、ステロイドを使用した方はリバウンドを引き起こします。リバウンド乗り越えてからじょじょに正常化になります。リバウンド時期はステロイド使用の量・強さ・時間に関連し、人によって1週間あるいは数ヶ月かかります。

 

6年間アトピー性皮膚炎、生まれて2カ月発病、ステロイド使用歴あり、容身茶を服用後も数回リバウンド、それから徐々に正常化。

  800
容身茶(YOSHINCHA怡身茶YISHINCHAという漢方サプリメント(薬ではない)で固有の自癒力を動員しアレルギー体質を改善しますが、人によって正常化までかかる時間が違います。十分な吸収のため、空腹時飲用を薦めます。
(Tel/Fax:047-3684306 kyusen9@gmail.com)
 

アトピー性皮膚炎10年、潰瘍性大腸炎3年持病、ステロイドを自己やめ容身茶飲用、リバウンド二回、その後皮膚は正常化、潰瘍性大腸炎も消えた。

アレルギーは免疫機能低下・異物に対する認識・寛容障害によったものです、アレルギー性疾患はアトピー性皮膚炎、日光性皮膚炎、接触皮膚炎、円形脱毛症などを含まれ、潰瘍性大腸炎やクローン病も腸の皮膚―粘膜のアレルギーであり、同じ体質です。アレルゲンは無数ですのでなかなか避けにくい、アレルギーの体質を改善すれば、過敏反応や自己組織攻撃をしなく、炎症も自然に消えます。

 
 

40年アトピー性皮膚炎、ステロイド使用歴あり、リバウンド数回後正常化

怡身茶免疫抑制剤使用者は皮膚の苔癬化が酷く正常化には時間かかる

服用Wang's YOSHICHA容身茶(怡身茶YISHINCHA)正常化的部分实例。其中以前使用过皮质激素治疗的人会出现1次或多次反跳,一时性恶化后才正常化。

After taking Wang's YOSHICHA, normalized the partial cases. And beforehand will use the cortical hormone(steroid) treatment patient to present the rebound, will worsen after for a while, only will then normalize.

怡身茶yishincha
yoshincha
容身茶
いしんちゃ
Copyright(c) 2009, Research of Combination Medicine All Rights Reserved.